2017年09月08日

本道寺「口之宮湯殿山神社」例大祭のお知らせ

今日平成29年9月8日(金)は、
本道寺口之宮湯殿山神社例大祭「護摩祈祷」の日です。

護摩の火はお不動様を象徴し、薪は煩悩を表しています。
このご祈祷を通して、心の迷いをお不動様の炎で願いを速やかに成就する事を祈念。
すすんでご祈祷を受ければ、願いが清められ
「家内安全」「心願成就」など御利益を戴くことが出来ると言われています。
午前11時からです。是非足を運んでみて下さい。

またこの神社には、その昔「本道寺」という東北一と言われていたお寺であった時代の
貴重な文化財も多数残っています。

2005年に「里帰りした仁王様」とちまたで話題になった2体の「金剛力士像」は、
神仏分離令の発布後すぐ「本道寺」を離れた為、「廃仏毀釈」の暴動の際も、
徳川家の七祈願所だった事から建物全部を焼き払われた「戊辰戦争」の際も難を逃れ、
更には、逆に里帰りした為、東北に甚大な被害をもたらした「東日本大震災」も回避。
現在、幸運の「仁王様」は社殿のの中で無傷のまま、仁王立ちしています。

また、日本に130基ほどあると言われる「仏足石」が、ここにも存在。
しかも国宝である「奈良薬師仏足堂」「羽黒山金色堂」の仏足石と同じ修験道に関連した
もので、130基のうち3基しかないと言われています。

この機会にこちらも是非、見て行かれてはいかがでしょうか?
posted by nishikawa at 10:42| 各種情報